ぼんやり洋楽の売り上げを分析する

ぼんやり洋楽の売り上げを分析する

最近、マドンナの 『ライク・ア・ヴァージン』を好んで聞いている。
このアルバムについて調べてみると、気になることがあった。

『ライク・ア・ヴァージン』は、日本でもとても売れた。
1985年当時のオリコン年間アルバムランキングでは8位だった。

ちなみに、1位は井上陽水の『9.5カラット』、2位はワム!『メイク・イット・ビッグ』だった。

気になったのは、当時のアルバムランキングについてだ。
『ライク・ア・ヴァージン』がランキング入りしている1985年の年間アルバムランキングTOP50には以下の8枚の洋楽のアルバムがランクインしている。

2位 ワム!:『メイク・イット・ビッグ』
8位 マドンナ:『ライク・ア・ヴァージン』
15位 USA for AFRICA:『ウィ・アー・ザ・ワールド』
24位 ビリー・ジョエル:『ビリー・ザ・ベスト』
37位 フィル・コリンズ:『フィル・コリンズIII』
44位 サウンドトラック:『ゴーストバスターズ』
49位 スティーヴィー・ワンダー:『ウーマン・イン・レッド』
50位 ティアーズ・フォー・フィアーズ:『シャウト』

何が気になったのか? それは、TOP50の8枚が洋楽であるということだ。
母数が50だからランキング中の16%が洋楽ということになる。

これは、現在とくらべて洋楽の売上が大きいのだろうか?あるいは少ないのだろうか?
「今は洋楽が売れない」、「洋楽離れだ」という話を聞くが、本当なのだろうか?

確かに、80年代には洋楽のヒットソングが多かったのではないかというイメージがある。
では、本当はどうだったのだろうか。

洋楽を聞いている人は減っているのか?洋楽を聞いている人が減っていれば、洋楽の売上枚数が減っているはずだ。昔のほうが洋楽の売上が大きいのだろうか?

統計データ

邦楽・洋楽の、レコードの売上枚数の統計データはないか探してみた。

一般社団法人 日本レコード協会|各種統計

早速データを整理した。

以下の画像については、1985年から2014年までのレコード売上枚数の推移を表す表です。
左の表が「邦楽の売上枚数 推移」、「真ん中が洋楽の売上枚数 推移」です。

https://i2.wp.com/f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kkondow/20150418/20150418005913_original.jpg?w=640

この数字から見ると、結論としては、ここ何年か洋楽の人気は以前ほどないように思える。

年ごとの推移

1985年~2014年までの売上など推移を見てみます。

ポイントとなるのは以下の3つの年でしょうか。

① 1988年
ここからの10年間、音楽産業が超進化を遂げます。
洋楽と比較して、成長スピードが邦楽のほうが圧倒的に著しいです。
J-POP市場の成長が、洋楽の存在感を相対的に下げていきます。

② 1999年
音楽業界がピークを迎え、これから15年間は基本的に売り上げが落ちていっています。

③ 2006年 or 2007年
洋楽の斜陽化が加速します。これはインターネット、YouTubeの影響でしょうか。
YouTube killed record star.

https://i2.wp.com/f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kkondow/20150418/20150418005939_original.jpg?w=640

https://i0.wp.com/f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kkondow/20150418/20150418010002_original.jpg?w=640

【参考】1980年 – 2016年における日本国内での年間アルバムランキングTOP50に入っていた洋楽作品リスト

時代のエピステーメーを感じられるいい素材だと思います。

1980年

3位 ABBA:『グレイテスト・ヒッツ Vol.2』
21位 ビリー・ジョエル:『グラス・ハウス』
31位 ボズ・スキャッグス:『ミドル・マン』
36位 リチャード・クレイダーマン:『ベスト』
42位 アラベスク:『ペパー・ミント・ジャック』
44位 サウンドトラック:『ザナドゥ』
46位 J.D.サウザー:『ユア・オンリー・ロンリー』
47位 ハーブ・アルパート:『ライズ』
48位 アラベスク:『ハイ・ライフ』

1981年

3位 アラベスク:『グレイテスト・ヒッツ』
8位 ノーランズ:『恋のハッピー・デート』
9位 ノーランズ:『セクシー・ミュージック』
14位 シーナ・イーストン:『モダン・ガール』
16位 リチャード・クレイダーマン:『愛のコンチェルト』
22位 アラベスク:『ビリーズ・バーベキュー』
24位 クインシー・ジョーンズ:『愛のコリーダ』
29位 ジョン・レノン&オノ・ヨーコ:『ダブル・ファンタジー』
43位 アラベスク:『さわやかメイク・ラブ』

1982年

15位 サイモン&ガーファンクル:『セントラルパーク・コンサート』
17位 バーティ・ヒギンズ:『カサブランカ』
19位 オリビア・ニュートン・ジョン:『虹色の扉』
24位 フリオ・イグレシアス:『イザベラの瞳』
27位 エア・サプライ:『ナウ・アンド・フォーエバー』
29位 アース,ウインド&ファイアー:『天空の女神』
32位 TOTO:『聖なる剣』
37位 ポール・マッカートニー:『タッグ・オブ・ウォー』
48位 ビリー・ジョエル:『ナイロン・カーテン』

1983年

1位 サウンドトラック:『フラッシュダンス』
2位 フリオ・イグレシアス:『愛の瞬間』
6位 マイケル・ジャクソン:『スリラー』
15位 クリストファー・クロス:『アナザー・ページ』
18位 ビリー・ジョエル:『イノセント・マン』
20位 カルチャー・クラブ:『ミステリー・ボーイ』
21位 ジャーニー:『フロンティアーズ』
22位 デヴィッド・ボウイ:『レッツ・ダンス』
26位 メン・アット・ワーク:『ワーク・ソングズ』
39位 フリオ・イグレシアス:『イザベラの瞳』
41位 エイジア:『アルファ』
43位 ダリル・ホール&ジョン・オーツ:『H2O』
50位 マリーン:『デジャ・ヴー』

1984年

1位 マイケル・ジャクソン:『スリラー』
2位 サウンドトラック:『フットルース』
14位 カルチャー・クラブ:『カラー・バイ・ナンバーズ』
22位 サウンドトラック:『ステイン・アライヴ』
25位 シンディ・ローパー:『N.Y.ダンステリア』
28位 ヴァン・ヘイレン:『1984』
31位 デュラン・デュラン:『セヴン&ザ・ラグド・タイガー』
38位 サウンドトラック:『ゴーストバスターズ』
45位 ポール・マッカートニー:『パイプス・オブ・ピース』
48位 ジャクソンズ:『ビクトリー』
50位 THE SQUARE:『ADVENTURES』

1985年

2位 ワム!:『メイク・イット・ビッグ』
8位 マドンナ:『ライク・ア・ヴァージン』
15位 USA for AFRICA:『ウィ・アー・ザ・ワールド』
24位 ビリー・ジョエル:『ビリー・ザ・ベスト』
37位 フィル・コリンズ:『フィル・コリンズIII』
44位 サウンドトラック:『ゴーストバスターズ』
49位 スティーヴィー・ワンダー:『ウーマン・イン・レッド』
50位 ティアーズ・フォー・フィアーズ:『シャウト』

1986年

13位 マドンナ:『トゥルー・ブルー』
17位 ホイットニー・ヒューストン:『そよ風の贈りもの』
19位 スティーヴィー・ワンダー:『イン・スクエア・サークル』
23位 シンディ・ローパー:『トゥルー・カラーズ』
34位 ビリー・ジョエル:『ザ・ブリッジ』
37位 サウンドトラック:『ロッキー4/炎の友情』
41位 a-ha:『ハンティング・ハイ・アンド・ロウ』
45位 シャーデー:『プロミス』
46位 ライオネル・リッチー:『セイ・ユー・セイ・ミー』

1987年

4位 サウンドトラック:『トップガン』
5位 マイケル・ジャクソン:『BAD』
13位 ホイットニー・ヒューストン:『ホイットニーII〜すてきなSomebody』
40位 マドンナ:『トゥルー・ブルー』

1988年

なし(たぶん)

1989年

25位 マドンナ:『ライク・ア・プレイヤー』

1990年

34位 マドンナ:『アイム・ブレスレス』
47位 Various Artists:『イフ・ウィー・ホールド・オン・トゥゲザー』

1991年

32位 M.C.ハマー:『プリーズ・ハマー・ドント・ハーテム』
48位 マドンナ:『ウルトラ・マドンナ 〜グレイテスト・ヒッツ』

1992年

46位 マイケル・ジャクソン:『デンジャラス』

1993年

3位 サウンドトラック:『ボディガード』
23位 マライア・キャリー:『MUSIC BOX』
39位 エリック・クラプトン:『アンプラグド 〜アコースティック・クラプトン』

1994年

10位 Various Artists:『NOW 1』
11位 マライア・キャリー:『メリー・クリスマス』
12位 マライア・キャリー:『MUSIC BOX』
27位 エイス・オブ・ベイス:『オール・ザット・シー・ウォンツ』
28位 ボン・ジョヴィ:『クロス・ロード』
50位 リセット・メレンデス:『トゥルー・トゥ・ライフ』

1995年

7位 マライア・キャリー:『デイドリーム』
13位 マライア・キャリー:『メリー・クリスマス』
15位 スキャットマン・ジョン:『スキャットマンズ ワールド』
20位 Various Artists:『MAX』
22位 ダイアナ・キング:『タファー・ザン・ラヴ』
25位 ボン・ジョヴィ:『ジーズ・デイズ』
31位 ボン・ジョヴィ:『クロス・ロード』
32位 Various Artists:『NOW 2』
40位 マイケル・ジャクソン:『ヒストリー パスト、プレズント・アンド・フューチャー ブック1』
41位 Various Artists:『NOW EX』

1996年

11位 カーペンターズ:『青春の輝き 〜ベスト・オブ・カーペンターズ』
32位 マライア・キャリー:『デイドリーム』
36位 Me&My:『ドゥビ・ドゥビ』
41位 ビートルズ:『ザ・ビートルズ・アンソロジー1』
43位 セリーヌ・ディオン:『ラヴ・ストーリーズ・スペシャル・エディション』
45位 セリーヌ・ディオン:『FALLING INTO YOU』
47位 スキャットマン・ジョン:『スキャットマンズ ワールド』

1997年

24位 マライア・キャリー:『バタフライ』
41位 Mr.BIG:『BIG, BIGGER, BIGGEST!』
43位 エアロスミス:『ナイン・ライヴズ』
45位 Various Artists:『NOW 6』

1998年

24位 マライア・キャリー:『The Ones』
28位 セリーヌ・ディオン:『レッツ・トーク・アバウト・ラヴ』
44位 エンヤ:『ペイント・ザ・スカイ 〜ザ・ベスト・オブ・エンヤ』

1999年

11位 マライア・キャリー:『The Ones』
33位 ジャミロクワイ:『シンクロナイズド』
38位 バックストリート・ボーイズ:『Millennium』
39位 リッキー・マーティン:『リッキー・マーティン 〜ヒア・アイ・アム〜』
42位 エリック・クラプトン:『BEST OF』
50位 Various Artists:『SUPER EUROBEAT VOL.100 ANNIVERSARY SPECIAL REQUEST COUNTDOWN 100!!』

2000年

29位 Various Artists:『MAX 6 Best Hits In The World 99』
33位 Various Artists:『SUPER EUROBEAT VOL.110 〜MILLENNIUM ANNIVERSARY NON-STOP MEGAMIX』
36位 ボン・ジョヴィ:『クラッシュ』

2001年

27位 Various Artists:『MAX BEST』
47位 Various Artists:『WOMAN 2』
48位 ジャネット・ジャクソン:『オール・フォー・ユー』
50位 エアロスミス:『ジャスト・プッシュ・プレイ』

2002年

15位 Various Artists:『FINE -TV HITS and happy music-』
29位 エンヤ:『フォ・ラヴァーズ 〜「冷静と情熱のあいだ」テーマ曲集』
47位 Vairous Artists:『ザ・エイティーズ』
49位 アヴリル・ラヴィーン:『レット・ゴー』

2003年

7位 t.A.T.u.:『t.A.T.u.』
26位 アヴリル・ラヴィーン:『レット・ゴー』
34位 ステイシー・オリコ:『ステイシー・オリコ』
35位 Various Artists:『8マイル 〜ミュージック・フロム・インスパイアード・バイ・ザ・モーション・ピクチャー』

2004年

3位 クイーン:『クイーン・ジュエルズ 〜ヴェリー・ベスト・オブ・クイーン〜』
8位 アヴリル・ラヴィーン:『アンダー・マイ・スキン』
38位 ブリトニー・スピアーズ:『グレイテスト・ヒッツ:マイ・プリロガティヴ』
39位 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ:『グレイテスト・ヒッツ』
40位 ブリトニー・スピアーズ:『イン・ザ・ゾーン』
50位 ビートルズ:『レット・イット・ビー…ネイキッド』

2005年

12位 O-Zone:『DISCO-ZONE 〜恋のマイアヒ〜』
19位 バックストリート・ボーイズ:『ネヴァー・ゴーン』
24位 デスティニーズ・チャイルド:『デスティニー・フルフィルド』
37位 デスティニーズ・チャイルド:『ナンバーワンズ』
40位 ブリトニー・スピアーズ:『グレイテスト・ヒッツ:マイ・プリロガティヴ』
45位 ブラック・アイド・ピーズ:『モンキー・ビジネス』
50位 ボン・ジョヴィ:『ハヴ・ア・ナイス・デイ』

2006年

12位 Various Artists:『Beautiful Songs 〜ココロ デ キク ウタ〜』
32位 エミネム:『カーテンコール 〜ザ・ヒッツ』
34位 エンヤ:『アマランタイン』
35位 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ:『ステイディアム・アーケイディアム』
36位 サラ・ブライトマン:『輝けるディーヴァ 〜ベスト・オブ・サラ・ブライトマン〜』
37位 マドンナ:『コンフェッションズ・オン・ア・ダンスフロア』
40位 ジェームス・ブラント:『バック・トゥ・ベッドラム』
45位 ファーギー FROM ブラック・アイド・ピーズ:『プリンセス・ファーギー:The Dutchness』

2007年

4位 アヴリル・ラヴィーン:『ベスト・ダム・シング』
26位 ニーヨ:『ビコーズ・オブ・ユー』
27位 リンキン・パーク:『ミニッツ・トゥ・ミッドナイト』
37位 バックストリート・ボーイズ:『アンブレイカブル』
44位 マルーン5:『イット・ウォント・ビー・スーン・ビフォー・ロング』

2008年

33位 コールドプレイ:『美しき生命』
42位 マドンナ:『ハード・キャンディー』

2009年

12位 マイケル・ジャクソン:『キング・オブ・ポップ -ジャパン・エディション』
21位 マイケル・ジャクソン:『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』
31位 バックストリート・ボーイズ:『ディス・イズ・アス』
33位 ブラック・アイド・ピーズ:『The E.N.D.』
34位 グリーン・デイ:『21世紀のブレイクダウン』
40位 ニーヨ:『Ne-Yo:ザ・コレクション』
42位 レディー・ガガ:『ザ・フェイム』
47位 マドンナ:『セレブレイション 〜マドンナ・オールタイム・ベスト〜』

2010年

14位 レディー・ガガ:『ザ・モンスター』
39位 オアシス:『タイム・フライズ…1994-2009』
41位 レディー・ガガ:『ザ・リミックス』
50位 リンキン・パーク:『ア・サウザンド・サンズ』

2011年

4位 レディー・ガガ:『ボーン・ディス・ウェイ』
13位 アヴリル・ラヴィーン:『グッバイ・ララバイ』
31位 シェネル:『ラブ・ソングス』
40位 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ:『アイム・ウィズ・ユー』
41位 Various Artists:『ソングス・フォー・ジャパン』
44位 レディー・ガガ:『ザ・モンスター』
50位 マイケル・ジャクソン:『MICHAEL』

2012年

22位 シェネル:『ビリーヴ』
35位 アデル:『21』
43位 リンキン・パーク:『リヴィング・シングス』
44位 カーリー・レイ・ジェプセン:『キス』
49位 シェネル:『ラブ・ソングス』

2013年

18位 ワン・ダイレクション:『Take Me Home』
27位 ブルーノ・マーズ:『Unorthodox Jukebox』
38位 Taylor Swift:『Red』
45位 レディー・ガガ:『アートポップ』

2014年

19位 ワン・ダイレクション:『ミッドナイト・メモリーズ』
27位 ファレル・ウィリアムス:『GIRL』
34位 テイラー・スウィフト:『1989』
35位 アリアナ・グランデ:『マイ・エヴリシング』
42位 アリアナ・グランデ:『ユアーズ・トゥルーリー』
44位 マイケル・ジャクソン:『エスケイプ』
47位 ワン・ダイレクション:『フォー』

投稿者プロフィール

CoMA
CoMA
シミュラークルあるいはシュミラークル。ポスト・トゥルース的、何ものでもない何か。