Posted in 散文 Essay 映画&TV Movie&TV 生活 Life

代々木の街の『傷だらけの天使』

シミュラークルあるいはシュミラークル。自由への逃避行。
代々木の街の『傷だらけの天使』 Posted on 2015年5月10日
シミュラークルあるいはシュミラークル。自由への逃避行。

僕は代々木に住んでいます。

前から気になっていたのだけれど、代々木の駅前にはドラマ『傷だらけの天使』でショーケンが住んでいたペントハウスの撮影で使われたビル(劇中ではエンジェルビル)があります。

カッコイイですよね。『傷だらけの天使』。
魚肉ソーセージとナビスコリッツとコンビーフはつい買ってしまう。

今日は休日なので、「あのビル何があるんだろう?」と散歩ついでに寄ってみました。

まずは、外観がこちら。

左のビルです。なんて言えばいいんだろう。風格というか、味わいがありますね。侘び寂びです。

中を見てみましょう。

 

この感じ好きです。アジアですね。

上の階に行くと、中国書籍専門の本屋さんがあります。

しかし、これより上の階は立入禁止でした。まあ、わかる話です。

屋上のペントハウスはさすがにないんでしょうか。

 

ちなみに、1階には立ち食い寿司屋と大衆居酒屋が最近できて、金曜の夜なんかはなかなか人がいます。「ぶり」一貫10円。たぶん準備中でした。
(よく見ると椅子がありますね。立ち食いではないです。)

休日の過ごし方も色々ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


シミュラークルあるいはシュミラークル。自由への逃避行。