Urban Liberal Arts & Post-Truth Stories for the People

映画『セッション』(2014年製作の映画)

音楽を扱った映画にも関わらず、音楽の美しさがあまり伝わってこない。
鬼教官vs生徒の図式でイライラしたりスッキリしたり、という見せ方にしようとしているのはわかるがイマイチ足りない。

映画のスピード感で、ある程度見られる出来にはなっていた。

ただ、最後のシーンが圧巻、と広告にあったがこれが良くない。
演奏の裏に見えるものが薄く、体育会的なドラムを叩いているだけ。

比べるのはどうかと思うが、この映画のラストシーンに無いものがフラガールのラストシーンにはある。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。