映画『15時17分、パリ行き』​を観る。

考えれば考えるほど変な映画だ。こんな、テレビの再現ドラマみたいな話がどうしてこんなに面白くて、泣けてしまうか。​
「実話を基にした映画」というジャンルを揺さぶる仕掛け、最高の一発ネタである。しかし再観賞に耐える。むしろ観る度に感動が強くなる。

「実話を基にした」という謳い文句が好きになれず、この作品もまあ、無差別テロに遭遇した人達をドキュメンタリータッチで描いた作品、とかその類いだろうと思っていた。
あるいは、実話を基にしていようがそれ自体で完結できる強度を持った面白い作品はいくらでもあるけれど、そういう作品でも最後に当時の映像だのモデルになった人物だのが出てきてしまうのが嫌だった。そういうのを見ると本編があくまで現実の再現でしかないような、フィクションとの上下関係を感じてしまう。

しかし、考えてみると『15時17分、パリ行き』はずいぶん実験的なことをやっているのに、それをまるで感じさせないのが凄い。映画ともドキュメンタリーともつかない、現実と呼ぶしかない時間が映りこんでいる。

始まって早々、三人組の一人の語りとともに、映画はいきなり彼らの過去に飛ぶ。軍隊オタな子ども時代、パラレスキュー隊に志願するもうまくいかず落第を繰り返す青年時代、そして幼なじみ三人が久しぶりに再会したヨーロッパ旅行。三人の過ごしてきた時間が様々な話法で描かれながら、肝心の「事件」にはいつまで経っても辿り着かない。

作中でけっこうな時間を割いているヨーロッパ旅行なんて、ほんとに普通の人々のロードムービー(「ムービー」かどうかすら怪しい、ただの観光を映しているだけ)なのに、なんだかすごく良い。

気の良い普通の若者が、ただ旅行を楽しんでいる、という、物語から投げ出された現実の時間がポンと目の前に示されるだけ。​実話であることの重しと、現実そのままを投げ出す軽やかさの違いを感じた。しかし同時にこれら一連のシーンは過去の出来事の再現でもあるという、目眩のするような二重性。

ある意味最大のクライマックスが勲章授与のシーンだ。「ラストに流れる実際の映像」「エンドロールに本人登場」みたいな実話映画の定番を逆手に取って、虚実をひっくり返す大仕掛けを打っている。それもきわめてさりげなく。この場面の異様な感動に思わず笑ってしまった。

この映画では英雄の定義がだいぶ変わってきている。英雄的な人物がいるのではなく、人生の中で英雄に「なる」瞬間があるということ。そういう意味で、普通の人々が映画の登場人物に「なる」このキャスティングもテーマに沿っていると言えるのかも。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。