光画紀行―香港・中国編

ちょっと、世界一周目指してふらふら旅をしてきます。特に深い理由や志はございません。ただ旅がしたい。風の吹くまま気の向くままに。嫌になったら帰ってきます。 — miyairiii@旅人 (@miya5ho) August 21, 2019 香港   この投稿をInstagramで見る   #grist #grsnaps #ricohgr #streetphotography #視界がGR #ストリートフォト #shared_streets #spjstreets #STORYOFTHESTREET #streetshared #thestreetphotographyhub #life_is_street #streetphotographerscommunity #challengerstreets #streetstylesgf #streetleaks #streetphotographersmagazine #dreaminstreets #streets_storytelling #voidtokyo #_streetscenes #streetclassi...

...

『Sounds of the City』

写真は、被写体がかつて確かにそこにいたこと、そして同時に(少なくとも当時の姿では)もういないことを絶対的な事実として突きつける。 このことは、小説、少なくともバルトにとって重要なプルースト的な小説に似ている。 何かが語られるのは、それが終わった後にしかありえない。 語られた出来事は、取り返しようのない距離で隔てられた過去として表れる。 言ってみれば、小説の始まりにはいつも写真がある。...

Scroll to top