2017年 小説・映画・TVドラマ ベスト10

2017年 小説(国内)ベスト10 1.『最愛の子ども』松浦理英子 2.『星の子』今村夏子 3.『劇場』又吉直樹 4.『岩場の上から』黒川創 5.『日曜日の人々』高橋弘希 6.『ホサナ』町田康 7.『未熟な同感者』乗代雄介 8.『光点』山岡ミヤ 9.『その八重垣を』三輪太郎 10.『茄子の輝き』滝口悠生 2017年 映画ベスト10 1.『20センチュリー・ウーマン』 2.『バンコクナイツ』 3.『パターソン』 4.『午後8時の訪問者』 5.『彼らが本気で編むときは、』 6.『お嬢さん』 7.『ノクターナル・アニマルズ』 8.『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 9.『夜空はいつでも最高密度の青色だ』 10.『ギフテッド』 2017年 TVドラマベスト10 1.『カルテット』 2.『人は見た目が100パーセント』 3.『この声をきみに』 4.『十九歳』 5.『先に生まれただけの僕』 6.『コードブルー3rd』 7.『嘘なんてひとつもないの』 8.『ぼくは麻里のなか』 9.『伊藤くんAtoE』 10.『感情8号線』 (WOWOW SVOD作品を除く)...

アイデンティティとナショナリズム

人間には否応なく認めざるを得ない暴力性というのがあるのではないか。 それは、ある種アイデンティティの維持と関わるものだと思われる。 暴力性は、他者を攻撃したり人を支配するという欲望と同質のもので、特に自己の危機において顕著に立ち現れる。 批評空間の「明治批評の諸問題」を読んでいる。 そこでは、日本語の言文一致はむしろ根本的に翻訳が起源だと書かれている。 二葉亭四迷のツルゲーネフ翻訳や漱石の翻訳的言文一致的な文章が起源だというのだ。 言文一致とナショナリズムは大きな補完関係にある。 ナショナリズムについて書かれた著作には、ベネディクト・アンダーソンの『想像の共同体』がある。 そこによれば、ナショナリズムが起因する近代国家〈ネーション〉は、成員が「共同幻想」を共有することによって成立するとされている。 アンダーソンは近代国家〈ネーション〉成立の要因を出版資本主義の発展に求め、新聞が〈ネーション〉の公用語の普及に大きな役割を果たし、世俗語の言文一致をあまねく至らしめるとともに「想像の共同体」の形成に大きく寄与したとする。 翻って日本の言文一致の起源を考えると、言文一致の翻訳起源を否定するよう...

...

日本語のエクリチュール/パロールと中国語

少し遅れたが、すでに、2018年がはじまっている。 個人的には、今年、少し語学を学習しようと考えている。 これまでの興味の対象は概念であったが、ある種の言語的転回(展開)が沸きあがってきたというところだろう。 昨年わずかに英語・中国語・PHPを学習しはじめたが、今年はそれをどれだけ蓄積できるだろうか。 ところで、中国語を少し勉強してみて、とてもよくわかったのは、むしろ日本語についてで、日本語は書き言葉(エクリチュール)と話し言葉(パロール)がまったく別の流れを持った別々の言語だということ。 日本語と中国語は、漢字という共通の基盤を持つためエクリチュールは眺めればかなり内容の想像がつく。 しかし、にもかかわらず音声言語においては、相互に輸出入された単語はあるが、基礎的な音からまったく異なっていて学習しなければ聞き取ることができない。 考えてみれば、日本語は古代の漢字の輸入以前からあったわけで、音声言語としては別の流れにあるわけである。 中国語は構造的な性質を持ち、日本語は叙情的な性質を持つ。 古代、日本に輸入された頃から漢字は官僚機構によるシステム運用にりようされた。これが日本の書き言葉...

...

現代中国を描く大河ドラマ 小説『兄弟』/映画『山河ノスタルジア』

2017年も残りわずか数時間となった。 今年は近年稀に見る激動の年であった。 アメリカではポピュリズム的な現象を背景にトランプ政権が発足、フランスではマクロンに敗れたがマリーヌ・ル・ペン率いる国民戦線が躍進。 ヨーロッパでは、イギリスのメイ首相がEUに離脱を通知、スペインのカタルーニャ地区は独立を宣言した。 中東ではイスラム国は事実上の崩壊。 しかし、アメリカのトランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことから多数の抗議活動が起きている。 アジアでは、フィリピンのドゥテルテ大統領が麻薬撲滅キャンペーンを実施し超法規的殺人が行使され、マレーシア・クアラルンプール空港では北朝鮮の金正日総書記の長男である金正男が暗殺され、ミャンマーはかつての民主化運動の旗手アウンサンスーチーによる新政権のもとロヒンギャは混乱に陥っている。 そして、日本では飛翔体が定期的に飛び越えている。 他方、経済面は数値の上ではバブルとも思える好調であった。 世界的に各国の経済は軒並み好調、日経平均もかつて1992年のバブル崩壊前の水準に上昇。 また、仮想通貨の価格は10倍にも100倍にも高騰した。 そのよう...

...

Scroll to top