「デザインフェスタvol.46」を訪れる。

「デザインフェスタvol.46」を訪れる。 日本人はシステマティックな抽象化された理論的思考のようなものが不得手とされているけれど、ある種の手芸や工芸のような領域では強さを発揮するような感じがあった。 近年のあいだに、オブジェクトという現代思想の潮流が話題になったけれど、これはある種の汎神論的な日本的精神にも接近するところがある。 モノに何かがあるという感じかた。 そのようなモノへの愛着、モノとの関係というものがデザフェスにはあった。 日本人の世界観は西洋のような創造主が構築した世界ではなく、生きた世界がまずありそれら細部に精神が宿っているという考え方だ。 それが人とモノとの関係を可能にする。 デザフェスでは一方で工芸品・手芸品のような細部まで丁寧に作りこまれたものがあり、他方ではキャラクターやイラストが多く展示されていた。 キャラクターは、少女・動物・ロボット・奇怪なもの様々だ。 ある意味それらはなんらかのシンボルなのだろう。 不思議なのは僕らがキャラクターに愛着を持ち、ある場合には恋心さえ抱くということだ。 そして、そのような愛情が製作活動や収集へと人を駆り立てる。 日本人がやるべ...

...

フランス人間国宝展を観る。- オブジェの魔力 –

上野の「フランス人間国宝展」を訪れた。 フランス人間国宝展 http://www.fr-treasures.jp/ プレスリリース http://www.fr-treasures.jp/image/press_release.pdf 僕は、はっきり言ってブルジョア的な世界観を嫌悪するし理解できない傾向がある。 けれど、文化の国,絶対王政の国,カトリック色の濃いヨーロッパの中心国としての彼らの作るオブジェはたしかに人を包み込むような美しさを持っていた。 流線による曲線のフォルム、流麗な趣き、光の反射とともに漂う神秘性。 入念に加工の施されたその表面の繊細な美しさは〈神〉による自然の創造を思わせる。 その技術は〈神〉の模倣だろうか。 そして、表に見せる美しさの裏に充満されたエロス。 芳醇に香る官能。 それこそが、人を支配する魔術か。 つい、忘れがちなのだけれど、オブジェが持つフェチズム。 人は、物に、エロスを感じてしまうという事実。 物神崇拝。 人〈理性〉は物から自由になることはできない。...

2017-7月のメモランダム

7月1日 今日は高尾山で木の根を見つめながら、リゾームとツリーは別個なものとして対比されるべきものでなく不可分でそれらが総合されたところがネイチャーであると謎のインサイトを受けた。 7月2日 コカ・コーラが好きだ。 フタを開ける時の音の響き、香りや炭酸の刺激、夏の爽やかな海岸やクリスマスのホーム・パーティのイメージ、夏期講習の帰りに自販機で買って飲んだ記憶、スノーボードのゲレンデで飲んだ記憶。 僕は「生産」や「労働」よりは「消費」の方が好きだ。 そこにはマテリアル感、身体性、シンボル、物語性、記憶、文化的なもの、ライフスタイルとの一体感が総合されていると好ましい。 社会性(他者との関係)の中での、承認の獲得,アイデンティティの確立,あるいは上位ヒエラルキーへの指向を目的とした消費は好きではないし、そのための「表象の操作」や「シンボルの獲得」のための消費というのは難しい問題。 原則としては、人は快楽のために消費すべきと思うし、それは文化的かつ身体性に根ざしたものだといいというのが僕の個人的な偏見。 快楽=「何かがステキだ,楽しい,クールだ」と感じることであるとする。 他方、「何かがステキ...

...

オブジェ化する「本」とフォトジェニックな空間の時代性について – Instagram,SNS,ライフスタイル –

19世紀はリアリズムの時代であったが、技術・美術的な側面においてはカメラの誕生と写真文化の繁栄のはじまりであった。カメラは、瞬間の現実を切り取り氷結する装置であった。 一方、PhotoshopやSNOWにより現在は写真が加工される時代となった。それは現実ではなく、夢想の具象化だ。 今年開業したGINZA SIXを訪れた。 「Life At Its Best 〜最高に満たされた暮らし〜」をコンセプトにした、銀座の国際的な商業空間。 空間を彩る草間彌生の現代アートと、日本文化とアートを結節するという蔦屋書店が特徴的であった。    しかしながら、“最高に満たされた暮らし”とは何だろうか。 また、アートと暮らしはどうつながるものなのだろうか。 あるいは、本は電子化が進んでいるけれども、紙の本の存在や、商業施設における書店の意義はなんなのだろうか。 そして、最先端の商業施設は、僕らの時代の何を象徴するものなのだろうか? オブジェ化する「本」とフォトジェニックな空間の時代性について まず、ポストモダン以降の本〈テクスト〉と社会の関係性(構造)を考えてみる。すべてのテクストはコピー&ペース...

...

Scroll to top